これしかない企業ではもう不可欠な無線LAN

企業でもインターネットがないと仕事にならないという場合がほとんどでしょう。ネットで調べると間違った情報が出てくるというのは事実かもしれませんが、情報を比較検討できるという点があるので、仮に一つの情報が間違っていたとしても […]

企業でもインターネットがないと仕事にならないという場合がほとんどでしょう。ネットで調べると間違った情報が出てくるというのは事実かもしれませんが、情報を比較検討できるという点があるので、仮に一つの情報が間違っていたとしても、複数の情報を比較すればそれなりに信憑性の高いところに行きつく可能性が高いでしょう。そして、インターネットを無線LANで使用するか有線で接続するかということがあります。これは企業によってまちまちで、特にIT企業では優先で使用しているケースも多いです。これは以外かもしれませんが、セキュリティの観点では優先の方が確実なので、セキュリティの意識の高い企業ほど有線にしているということがあります。また、ノートパソコンを使う頻度が少ないということもあるでしょう。

企業には無線LANを導入した方が良いのか

企業でも有線を使用している場合が多いということを上述しました。そして、なんとか無線LANにした方が良いのかという疑問があるでしょう。実際有線で困らないのであれば、無理に無線にする必要性はまったくありません。無線は建物の外にも当然電波が飛びますし、モデムの飽きに関係なく社内で何台でもネット接続することができていまいます。不特定多数の端末が接続しやすい状況というのはセキュリティの観点ではあまり望ましいことではないでしょう。利便性で言えば好きなときに何台でも接続できる方が良いのですが、企業で情報漏洩すると大変なことになります。それはニュースなどを見ていてもわかることでしょう。そして案外このような情報漏洩というのはうっかり起こります。誰かが意図的にやったとは限らないのです。

有線しかない企業には無線を導入

セキュリティと便利さは意外と相反するものです。たとえばパスワードを設定すると毎回入力することになります。しかし、逆にパスワードの設定をしなければ、毎回入力しなくなりますが、それだとセキュリティ面の危険性が増します。結局のところはそのバランスを取っていくということなので、セキュリティが硬ければ良いというものでもないです。このバランスのなかで無線LANについてどう考えるかということが重要で、セキュリティ面を優先するのであれば有線、利便性を追求するのであれば無線を選択することになるでしょう。そして、利便性を取る際には代替的な対策が必要です。無線にする代わりに、気密性の高い情報はネットワークに接続しないのような対策を行っていけば、問題ないと言えるでしょう。