企業内での連携に役立つ無線LANについての分かり易い説明

無線LANは無線を使って、インターネットに接続します。無線LANの端末があれば、パソコンをネットに接続する時のケーブルはいらなくなります。企業にこの方式を導入すれば、すっきりとしたオフィスで仕事ができるようになります。企 […]

無線LANは無線を使って、インターネットに接続します。無線LANの端末があれば、パソコンをネットに接続する時のケーブルはいらなくなります。企業にこの方式を導入すれば、すっきりとしたオフィスで仕事ができるようになります。企業内にパソコンの数が多いと、ケーブルの数も増えてしまいます。またそれを接続するモデムなども必要になって、企業のオフィスの中が雑然とした状態になってします。無線LANを導入すれば、その状態を改善できます。無線で接続するので、パソコンを自由に動かせるメリットも得られるようになります。社員一人が使っているパソコンを固定しないで済むので、会議室などにそれを持っていて使えるようになります。無線LANを企業に導入する時は、セキュリティ対策をしっかりしないといけないので専門家に依頼することが必要です。

無線LANを導入するとスマートフォンも使える

無線LANを導入すると、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットも会社内で使えるようになります。これらの機器も無線を使ってネットに接続するので、会社のどのような場所でも情報のチェックや管理などが可能になります。例えば社員食堂で食事中に緊急の用件がメールで伝えられたら、スマートフォンかタブレットでそれを読んで、すぐに仕事に取り掛かれるようになります。無線LANがあれば、社員のすわる位置を固定しないで済むメリットも生まれます。自分専用のパソコンを自由に動かせるで、他の部署のオフィスに行って、ディスカッションに自由に参加できます。支店に出かけるときもこのシステムがあれば、便利になります。わざわざ資料を用意しなくても、自分のパソコンを持参すれば良いのです。

導入時は専門家の手が必要になる

無線LANは、自社だけで導入することはできません。専門家に依頼する必要があります。無線で情報のやり取りをするので、その内容が外部に漏れることがあります。しっかりとしたセキュリティの体制を整えてから、導入しなければなりません。無線LANを置く位置にも注意する必要があります。窓際に置くと無線が外に漏れやすくなります。窓際には置かないようにして、窓には電波シールドガラスを貼ることが大切です。パスワードの設定にも注意を払いましょう。簡単に分かってしまうパスワードは避けなければなりません。パスワードの設定などは専門家に依頼した方が良いでしょう。会社で導入時の調整役を1人選んで、その人と専門家が話し合いながら導入を進めるのが良い方法です。調整役はITに詳しい人が適しています。