現代の企業にはなくてはならない無線LANについて説明します

無線LANがあれば、企業での仕事が劇的に変化します。電波でインターネットに接続するので、ケーブルが不必要になり、オフィスの中がすっきりとした状態になります。これは見た目の変化ですが、実際の仕事も無線LANの導入によって、 […]

無線LANがあれば、企業での仕事が劇的に変化します。電波でインターネットに接続するので、ケーブルが不必要になり、オフィスの中がすっきりとした状態になります。これは見た目の変化ですが、実際の仕事も無線LANの導入によって、変化します。企業内の自分専用のパソコンを自由に動かせるので、会議にパソコンをスムーズに活用できるようになります。自分の席でパワーポイントを使って資料を作っておいて、会議の時はそれを会議室に持参して、プレゼンテーションができるようになります。新しい年度になると、勤務する部屋が変わることもあります。そんな時は、自分が使っていたパソコンに入力した情報を、新しいパソコンに移す必要がありました。無線LANを導入すると、そのような手間のかかる作業は必要なくなります。

会社間の連携がうまくいくようになる

企業に導入された無線LANは、本社と支社の連携をスムーズにします。本社の社員が支社に出張する時は、資料を持参しなければならないこともあるでしょう。出張前にそれを作るのは大変ですが、無線LANを支社の方も導入していれば、わざわざ資料を作る必要はありません。本社のパソコンを支社に持っていき、パワーポイントで資料の説明ができるようになります。無線LANは一つの会社にとどまらないで、関連のある会社の業務を効率化するメリットもあります。スマートフォンやタブレットを仕事に生かすことも可能になります。特に営業でこれらの機器を使っている場合は、無線LANを導入すれば、仕事がしやすくなります。会社の外に出た時も、無線LANによる接続で連絡が送りやすくなるのです。

セキュリティ対策はかならず行う

無線LANは電波でネットに接続するので、情報が漏れやすくなる欠点があります。特に会社の機密情報の取り扱いは注意しなければなりません。簡単に推測できるパスワードは避けて、安全性の高いパスワードを、あらかじめ設定しておく必要があります。パソコンを置く位置にも注意が必要です。窓際に置くと、電波を傍受されやすくなります。セキュリティのことは一般の社員には難しいので、専門家に任せる必要があります。専門家の手によってセキュリティを整えてもらえば、情報漏えいの心配をする必要はありません。企業の中で快適に無線LANを使えるようになります。ただし、社員一人一人に情報が漏れないように教育しておくことを忘れてはいけません。セキュリティの専門家に研修を行ってもらいましょう。